【驚愕】「犬肉農場から救出された犬」優しさにさえ怯えていた犬が、人間の愛に触れたとき・・・

  
  

皆さんは犬肉農場は知っていますか。日本ではそのような農場はもちろんありません。

ですが、韓国には犬の肉を提供する飲食店があるのです。

そこで、国際動物保護団体は犬肉農場を閉鎖し、そこに飼育されている犬を保護しようと行動しました。

犬たちは狭い金属製のケージの中にいました。合計130匹の犬と2匹の子猫が飼育されており皆が驚くほどひどい状態でした。

無事アメリカに移送し保護されました。その多くの犬の中で前足が変形したマスティフの「ミンス」の物語をご紹介します。

犬肉農場からの救出

韓国の法律では、犬の肉を食用として流通することは禁止されています。

ですが、その法律をもってしても犬肉を使用する飲食店がありました。

食用として飼育される犬たちを救おうと各国の団体から救済活動が行われていました。

世界からの批判やムン・ジェイン大統領からの方針によって犬肉農場を経営する人の考えが変化して来ています。

本心ではこんな仕事はしたくないと主張する従業員もいたようです。

国際動物保護団体「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)」が

今回、救出活動しようとした場所は韓国の北西部、イェサングンにある犬肉農場でした。

そこにいた犬たちは金属製でできているケージに閉じ込められている状態で、寒い日には凍結した金属の上で寝ていたようです。

暖かい毛布などもなく、ただケージの中だけで生活する毎日でした。

そんな環境で飼育されてどれだけ傷ついてきたか想像するだけで胸が痛みます。

これからこの犬たちがどうなるか気になる方は次のページをご覧ください。

続きは次のページで→






コメント