【怒り】「エスカレーターを嫌がる盲導犬」その理由は心ない人間による、ある行為のせいだった

  
  

盲導犬、私達人間にとって欠かせないパートナーです。

彼ら、彼女らは目の見えない人をサポートする訓練を受け、今でも沢山の人をサポートしてくれています。

今回ご紹介するのはそんな盲導犬にまつわるお話。

ある日突然エスカレーターに乗らなくなった盲導犬、不思議に思った飼い主は盲導犬の背中に小型カメラをつけたのです。

するととんでもない事実が発覚する事になりました。

この盲導犬の名前は「キカ」
ご主人は視覚障碍者の「アミット」さん。
イギリスのロンドンに暮らしています。

アミットさんは元々急患を診る医者の仕事をしていました。

しかし5年前に円錐角膜症という病気を発症し、そのせいで視力を失ってしまったのです。

失意のどん底に叩き落されたアミットさん。

当時は家から一歩も出なくなってしまったといいます。

しかし、そんな状況を変えたのが盲導犬の「カキ」。

アミットさんはカキのおかげで外に出るようになり、普通に歩く事もできるようになったのです。

ある日、いつも利用しているエスカレーターに乗ることを嫌がるカキ。

一体どうしたというのかアミットさんは不思議に思います。

数日たってもやはりキカはエスカレーターに乗りたがらないのです。

そこでアミットさんはキカの背中に小型カメラを取り付けることにしました。

そして、その映像を奥さんと確認したアミットさんは驚くべき事実を知ることになったのです。

次のページで!






コメント

【海外ニュース】 | 【犬】 | 【驚愕・衝撃】」の最新記事