【驚愕】「信じられない…」小型カメラが捉えたのは叩かれても必死に耐えている盲導犬の姿だった!

  
  



叩かれても必死に耐えていた盲導犬




イギリスのロンドンに住んでいるアミット・パテルさんは2012年に「円錐角膜症」という眼の病気にかかってしまい、視覚障がい者になりました。

本来なら角膜移植の手術をすれば視力が回復するのですが、彼は6度の手術をしても治ることがなく、完全に視力を失ってしまいました。

ある日、視力を失ったことで不安が大きくなっていったパテルさんは、盲導犬のキカを迎えることになりました。

キカは社会との繋がりを失わせないためにパテルさんの為に役目を果たしてくれていて、時には交通事故から守ってくれたこともあったんだそうです。

そんなある日のこと、ある事をきっかけにパテルさんは歩いている自分たちに世間がどう見ているのかを知る為に小型カメラを仕掛けることにしました。

するとそこには驚きの光景が写っていたのです。

小型カメラが捉えた衝撃の光景は次のページで






コメント

【犬】 | 【驚愕・衝撃】」の最新記事